ETC装着車のルールと注意点

「審査事務規定」改正施行に伴う、今後の「停止表示器材」にかかわる必須事項

2017年の審査事務規程改正(平成29年10月10日施行)以降、日本国内で自動車に備えることができる「停止表示器材」は、保安基準で定める「技術基準に適合した 警告反射板・停止表示板」のみと改正され、「保安基準適合品」以外は、自動車に備える事が認められなくなりました。(細目告示 第65条、第66条関係の厳格化)
改正された審査事務規定による車検では「新規検査・継続検査は全て第7章から(※1)」となり、今までの「TSマークだけの停止表示板」は、「保安基準で定める技術基準」を満たしていませんので、改正により、今後は自動車への備え(装備)を行うことが、出来なくなりました。
「ETC車載器」を取付けたら(新車納車時・後付け時)、「保安基準に適合した停止表示器材」を自動車に備えましょう。
購入する際は、「日本の標準規格」を満たした「保安基準適合品」であるか、十分に確認して選びましょう。


日本標準規格(保安基準適合品)
自W-1 交F16-1
「保安基準適合 + TSマーク認定」が、日本の道路に適合した保安基準適合品です。


※「ETC車載器」は後付けの装置です。軽微な後付け装置分類に該当し、装置の取付けとなります。
装置の取付けにより、保安基準に関連・関係する項目については、今後の車検時には確認を行う事と規程されています。
関係する車検項目内では、06「保安用品」の「警報装置」に属す「保安基準」の法定装備品(警告反射板・停止表示板)です。
ユーザーは保安基準に適合した停止表示器材の「警告反射板・停止表示板」を備えましょう。
保安基準適合品には「指定マーク」が表示されています。表示がないものは保安基準に適合していません。

ETC装着車のルールと注意点

新車・中古車購入時に「後付け装置(純正含む)」である「ETC車載器」が取り付けてある場合、又は納車後に「ETC車載器」を取り付けた場合、自動車の使用・用途が、明確に「高速自動車国道を利用(使用)する自動車」とみなされます。
また、「ETC車載器」の有無にかかわらず、道路交通法上「日本の高速道路」上でやむを得ず停止した場合には、「停止表示器材」による「表示義務」を果たす必要があり、自動車に備えておかなければなりません。
この場合、「ユーザー(使用者)」は「道路運送車両の保安基準」に適合するよう、必要に応じた整備・備えが義務付けられています。
※ユーザー(使用者)とは、車検証の「所有・使用者欄に記載されている方(個人・法人)」

ETC装着車は、「高速自動車国道を利用する車」として明確化されますので、ユーザー(使用者)は「道路運送車両の保安基準」に適合した、「特定装置」の「警告反射板・停止表示板」の備えと維持が義務付けられます(道路運送車両法による)。

今後、「ETC装着車」で備えが出来ていない場合や、保安基準に適合していない状態の場合、またその状態で車検を通してしまう行為は、「保安基準の違反」「保安基準不適合状態」とみなされ、改善対象となりますので、ご注意ください。(類別区分による)

「保安基準適合品」を選び、今後の未来の安全と安心を備えましょう

ご自身の自動車に備えられた「特定装置」は「保安基準適合品」であるか、日本の道路で安全に使用できるものであるかを十分に注意・確認し、全てが揃ったものを選択して自動車に備え(装備)維持し、今から未来の安全と安心した備えを行いましょう。

平成28年(2016)以降、「高速道路リニューアルプロジェクト」として、全国の高速自動車国道では「道路の老朽化」に伴う大規模工事が実施されています。順次道路工事が行われ、新しい道路路面(アスファルト・コンクリート)に移り変わっています。
道路交通の取締りにおいて罰則対象の場合や「停止表示器材」を表示しなかった場合、減点1・罰金¥6,000(普通車の場合)が科せられますので、道路交通法において認められた停止表示器材を選びましょう。(道路交通法 第七十五条の十一 表示義務による

※道路交通法による旧年式認定番号の「停止表示板(TSマーク)」は、改正基準により新しい道路路面での使用には適合していません。経年劣化などにより基準を満たさなくなる場合もありますので、十分に確認し使用する場合は注意が必要です。該当する場合は、保安基準適合品へ買い替えましょう。

日本標準規格(保安基準適合品)
自W-1 交F16-1
「保安基準適合 + TSマーク認定」が、日本の道路に適合した保安基準適合品です。

PAGE TOP